シモヤブログ

インプットの記録

老人と海(アーネスト・ヘミングウェイ)

老人と海

アーネスト・ヘミングウェイ 著 / 福田恆存

 

あらすじ

キューバの老人サンチャゴは84日間の不漁を耐え、早朝1人小舟に乗って沖に出る。

彼を慕い、身の回りの世話をする漁師見習いの少年マノーリンがその船出を見送った。

日が昇りきった頃、老人の仕掛けた網に大魚が掛かる。その大魚は釣り針を物ともせず、老人の小舟を引っ張って大海原を進んでいく。深い海の底にいるそれは姿を現さないが、老人は長年の勘から只者ではないことを察する。

 

大魚との闘いは油断ができない。老人は網を握り続けたまま眠り、簡単な食事をする。引っ張られる網のせいで体を船に打ち付け、掌を切った。「あの子がいてくれればな」と何度も思う。少年は老人と一緒に漁に出たがったが、不漁が続く老人は「少年の漁運が逃げるから」と断ったのだった。

老人は大魚と共に大海原を進んでいるうちに、それに対し兄弟分のような特別な感情を抱く。そして「絶対に俺はお前に負けない」そう海中に向かって叫ぶのだった。

 

大魚が海面に姿を現したのは、網に掛かってから4日目のことだった。

正体は巨大なカジキマグロだった。

ジリジリと太陽が照らす中、十分な睡眠も取れず、満身創痍の老人は気を失いかけながらも網を引きカジキとの死闘を繰り広げる。そして、銛をカジキの腹に突き刺し最後の一撃を加えた。

 

そのカジキは老人の乗る小舟をゆうに越える巨体だった。このまま引いて港に戻るしかない。大魚に引っ張られ途方もない大海原にやってきた。そして今度は老人がそれを連れて帰る番だ。老人は達成感に満ち溢れていた。しかしながらこの大海原には敵が大勢いるのだった。

 

カジキから流れる血の匂いに引き寄せられ鮫が何匹も襲ってくる。老人は棍棒やナイフで懸命に追い払うが、小舟に1人、装備もなく戦うのは限界だった。

片時も離れなかった兄弟分の身体が容赦無く食いちぎられていく。

しかしカジキの身が食われていくにつれ、皮肉なことに小舟は速度を増し進んでいく。深夜、港に帰り着いた頃にはカジキは頭、背骨、尾ひれしか残っていなかった。

 

老人は這いながら自宅の小屋に戻りベッドで眠る。

老人の小舟が港に着いていること、そしてその傍に巨大魚の残骸がくくりつけられていることを漁師達が発見する。カジキは全長約5メートルもの大きさだった。

少年が小屋を訪ねると老人は深く眠っていた。寝息で生きていることを確認し、闘いの勲章である両掌の傷を見て少年は声をあげて涙を流す。

目を覚ました老人に少年は、捜索隊が出たことや老人が不在の間の漁の成果について話す。そしてこれからは、自分を連れて漁に出て色んなことを教えてほしいと言うのだった。



老人は大魚を持ち帰り成果を漁師仲間たちに見せることはできなかった。しかしながら、頭と骨だけでもその凄さは皆に伝わったのだった。

たとえ完璧な成果を残せなくとも、その過程は紛れもない事実なのだ。


 作中でサンチャゴ老人は鮫の肝油を飲んでいるという描写がある。味は不味いが体力の源となると老人は言っていた。

先日テレビを観ていたら、鮫の肝油のサプリメントの通販CMが流れていた。これまでだったら気にもとめなかったが、興味深くCMを観てしまった。

 

日の名残り(カズオ・イシグロ)

日の名残り (THE REMAINS OF THE DAY)

カズオ・イシグロ 著 / 土屋政雄

 

あらすじ

英国の由緒正しき屋敷「ダーリントン・ホール」に長年仕える執事、ミスター・スティーブンスは主人から休暇の提案を受け西部地方へ旅に出る。

旅の目的は、かつて共に働いていたミス・ケントンに屋敷に戻ることを提案するためだ。

 

新しくこの屋敷の主人となったのはアメリカ人の実業家で、陽気にジョークを飛ばしてくる主人にミスター・スティーブンスは困惑している。

常に客人が訪れ、盛大な晩餐会が開かれていた屋敷は今やその面影もない。1956年の屋敷はひっそりと静まり返っており、使用人はわずか2人しかいない。

完璧な業務の遂行に”わずかな”綻びを感じていた彼は、使用人の増員を考える。

そんな時に何十年も前に結婚により退職したミス・ケントンから、共に働いた昔を懐かしみ現状の生活を嘆く内容の手紙が届く。

「彼女に会いに行こう。彼女は屋敷に戻ってきたいはずだ。」そう決心し彼は車を走らせる。

 

旅の途中で美しい風景を見ながら、彼は輝かしい日々に思いを馳せる。

第一次世界大戦後、そして第二次世界大戦前まで、ダーリントン卿の屋敷「ダーリントン・ホール」はヨーロッパの非公式外交の会場として、各国の要人たちが集まり会合を行ってきた。その会合の中心にいるダーリントン卿に仕えることに彼は強く誇りを持っていた。

 

彼の父も執事をしており屋敷で共に働いていた。しかし、70歳を過ぎた父は職務を遂行することが難しくなり、ミスが目立つようになる。尊敬する父の「老い」を認めたくなかったが、屋敷の運営責任者として彼は父を要職から外す決断をする。

そして1923年、今後のヨーロッパの情勢が決まる重要な会合が開かれた日に父は倒れ亡くなる。彼は執事としての職務遂行を優先し、父親の臨終に立ち会わなかった。

 

彼は女中頭であるミス・ケントンと多々意見がぶつかり、時には口も効かなくなった。

しかし次第に2人の距離は縮まり、毎日仕事後に雑談をし、からかい合う関係になっていった。そんな中彼女の休日外出が増え、ある男性から結婚を申し込まれていることを伝えられる。

「私が他の男性と結婚してもいいのか」という問いかけに、ミスター・スティーブンスは祝福の言葉をかけ、職務に戻らなければとそっけなく返す。

そして、彼女は屋敷を出ていった。あの日、必死に問いかけ泣いている彼女の姿を何故か今でも忘れることができない。

 

卿こそ高徳の紳士であると慕い続け、彼は35年の月日を捧げた。しかしながら、戦後のダーリントン卿の評判は「ナチの協力者」と地に落ち、ひっそりと亡くなった。

 

ミス・ケントンが住む海辺の街で彼女と再会した。

思い出話や今の生活の話をして、別れの時に2人は問いかけあう。

 

「今、君は幸せなのか?」

「正直夫を最初は愛せなかった。でも長い間で愛するようになった。けれども別の人生を、あなたと一緒の人生を考えることもある。そんな時にあんな手紙を書いてしまう。でも時計を後戻りさせることはできない。今の生活が幸せなのだ。」

 

海を見ながらこの再会を思い返していた時、ある初老の男性と出会う。

その男性も小さな屋敷で使用人をしていたという。会話をする中で、ミスター・スティーブンスは初めて弱音をこぼす。この旅の途中で、農民、宿屋、医師など様々な人々に出会い話をしてきたが、彼が紳士らしい姿を崩したことはなかった。

 

「どうあがいても昔のような水準のサービスができない。それが何を意味しているか分かっている。自分にはもう力が残っていない。」

父がそうだったように、自分にも老いによる衰えが現れていることを認めないようにしていたが、それは十分に分かりきっていた。

 

彼の告白を聞いた男性はこう彼を励ます。

人生、楽しまなくっちゃ。夕方が一日でいちばんいい時間なんだ。脚を伸ばして、のんびりするのさ。夕方がいちばんいい。わしはそう思う。みんなにも尋ねてごらんよ。夕方が1日でいちばんいい時間だって言うよ。

 

彼は、海辺に集まる初対面の人たちが冗談を言い合いながら仲を深めていくことを不思議に思う。そして、人間同士を温かさで結びつける鍵をジョークに見出し、明日ダーリントン・ホールに戻ったら練習してみようと決意するのだった。

 

 

作中のミスター・スティーブンスとミス・ケントンの会話には「英国らしさ」が表現されており、堅物の男性と勝気な女性という人物像は時代背景は異なるものの『高慢と偏見』を思い起こさせた。

本作は彼の視点で、過去の回想と現在の旅の様子が交互に描かれる。誰かに語りかけるように物語は進んでいくが、その相手はかつての主人、ダーリントン卿ではないだろうか。

そして、人生を1日に例え「夕方がいちばんいい」という終盤の言葉。

人生の夕方はこれまでを振り返り、背負った荷をおろすことができる時間なのだろう。

世界標準の経営理論(入山章栄)

世界標準の経営理論

入山章栄 著

 

f:id:shimoya_ke:20220417110638j:plain

 

 

本書は世界中で生み出された経営理論の中から、「ビジネスの真理に肉薄している可能性が高い」として生き残ってきた「標準理論」の約30個を「世界標準の経営理論」として網羅・体系的に纏めた書籍である。

手に取った際には辞書のような分厚さに面を食らってしまったが、「なるべく分かりやすい言葉で」という著者の配慮もあり意外にもスラスラと読み進めることできた。

 

巷には経営理論、経営戦略に関するビジネス本が溢れており、課題発見や解決のフレームワークに焦点が当てられている。しかしながら本書は、経営理論を思考の軸として持つことを推奨している。

フレームワークはHOWという型、手段に過ぎない。分析対象をその型にはめ込むと視覚的に結果が出るため満足するが、その後の展開に窮するということもあるだろう。

例えばSWOT分析を行なった際に、「さあ、マトリックスは埋まった。色々あるな〜」と結果を見るが、そのマトリックスは「なぜそう言えるか」というWHYには答えられていない。そのまま議論が進んでしまうと、「そもそもどうして」と堂々巡りになってしまう。

型にはめ込んで出た結果に人々の腹落ちがないためだ。

 

それに対して、経営理論は「なぜそうなるのか」というWHYに一つの切り口から明快な説明を与える。複雑なビジネスや組織のメカニズムに「これ」と確実な正解を与える訳ではないが、経営理論を軸にして思考を深め、考えを共有することができる。それに納得すると人は行動していく。

 

ビジネス・経営とは人や人からなる組織が行うものであるため、経営学は「人・組織は本質的にこう考え、こう行動する」ということに基盤を持った経済学、心理学、社会学を応用している。本書ではこのディシプリン別に経営理論がまとめられているが、その中からそれぞれ1つを紹介したい。

社会生活を送る中で感覚として持っていた事も、言語化された理論を読むことで更に納得することができた。

 

経済学ディシプリンの経営理論『SCP理論

競争環境を少しでも独占に近づけると安定して高い超過利潤をあげられる。

そのため他社(他者)と似せないこと、差別化することが重要となる。

また、「みんなが使っているから」というネットワーク効果は雪だるま式に顧客を増やすことに繋がり、一度独占状況を実現すると簡単には揺るがない。

従って新たな独占を作るためには別のフィールドを作り、拡大する必要がある。

 

マクロ心理学ディシプリンの経営理論『知の探索・知の深化の理論』

自分の現在の認知の範囲外にある「知」を探索し、それを今自分が持っている「知」と新しく組み合わせる。そして、新しい組み合わせを試みる中で生まれた「知」を徹底的に深堀し、収益化につなげる。探索と深化はどちらに偏りすぎてもいけない。

知の探索はコスト・負担がかかる上、不確実性が高く疎かになりがちだが、イノベーションには不可欠である。

 

ミクロ心理学ディシプリンの経営理論『センスメイキング理論』

センスメイキングとは解釈の多義性を減らし、足並みを揃えることにある。つまり納得。

組織・周囲のセンスメイキングを高められれば、周囲を巻き込んで、客観的に見れば起きえないような未来を作り出すことができる。

そのためには、言葉で周囲に語りかけることが重要となる。

 

社会学ディシプリンの経営理論『新レッドクイーン理論』

同業ライバルとの競争そのものが自己目的化してしまった場合、多領域に進出した時や大きな環境変化に見舞われた時には生き残れなくなる。過度に競合相手だけをベンチマークした結果、別の競争環境で生存する力を失ってしまう。

真の競争相手はライバルではなく、自分のビジョンである。「そのビジョンを達成するためには」を考え自身の認知の範囲を広げ、新たな選択肢を探す行動を起こすのである。

 

 

本書で紹介されている理論は企業・組織という大規模なものだけに当てはまるのではなく、個人という単位で自分を見つめ直すことにも応用できる。

本書は思考の壁にぶつかった時に助けてくれる相棒となるだろう。ぜひ側に置いておきたい。

 

三島由紀夫レター教室(三島由紀夫)

三島由紀夫レター教室

三島由紀夫

 

f:id:shimoya_ke:20220416202649j:plain

筆まめである」という点だけが共通の年齢も職業も異なる5人の男女の手紙のやり取りだけで物語は進んでいく。

 

愛の告白の手紙、滑稽な脅迫の手紙、借金を依頼する手紙、裏切りの手紙など種類は様々だが、他者からもらった手紙の内容について「これどう思う?」と手紙で話しあうという「身の上相談の手紙」は大変面白かった。

 

「私は美しくて聡明、スポーツ万能、完璧と言われます。お見合いを何度かしたものの、相手の欠点や無教養が目につき話すのも嫌になります。私に合う男性はどこにいるのでしょう。美しさゆえに呪われているとしか思えません。」という身の上相談の手紙が来たのですが、あなたはどう分析されますか?という問いに対し、ある登場人物はこう返信する。

 

(1)あらゆる身の上相談は本当の解決など求めていないし、また何かの解決策を暗示されてもそれを心から承服したりしない。ただ告白したり主張したりすることで満足しているのだ。

 

(2)彼女は自分に対する熱烈な興味は、他人も同じように持つと思い込んでいる。見知らぬ他人に身の上相談をすること自体が馬鹿げている。

 

(3)そもそもこの手紙を書く間、彼女は「私」と書いていても別人格に転換している。自分のいいように現実を捻じ曲げているのだ。彼女から断っているのではなく、相手に断られているのだ。それが真実だろう。

 

この返信は、作者である三島由紀夫の考えを登場人物に語らせているのだろう。

最終章である「作者から読者への手紙」で、女性読者から送られてくる自分の生い立ちを事細かに書いたファンレターの内容をこう痛烈に批判している。

 

いくら情熱が有り余っても、相手の側にあなたに対する関心がまったくない時に、相手かまわず、自分勝手に情熱を発散したって、うるさがられて、紙屑籠に直行するだけです。

 

世の中の人間は、みんな自分勝手の目的へ向かって邁進しており、他人に関心を持つのはよほど例外的だ、とわかったときに、はじめてあなたの書く手紙はいきいきとした力がそなわり、人の心を揺すぶる手紙が書けるようになるのです。

 

SNSが普及した現代では簡単にメッセージを送ることができる。

特に自分が”特別な想い”を抱いている相手には、とにかく会話したいという衝動に駆られることがある。そして、そっけない返信がきたり、スルーされてしまったり落ち込んでしまうのだ。

読み手がどう思うかをちゃんと考えたか、相手が自分に全く関心がない状態で無理に距離を縮めようとしていないか、手紙と違ってメッセージは指先一つで送ることができるけれども、三島の言う注意点を忘れてはいけない。

 

図解 世界5大宗教全史(中村圭志)

エッセンシャル版図解 世界5大宗教全史

中村圭志 著

f:id:shimoya_ke:20220416161913j:plain

 

『三つ編み』『解説ウェーバープロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を読み進める中で自分に足りないと感じたもの、それは宗教への理解だ。

自分は無宗教であり、クリスマスには心躍らせ正月には神社へ初詣に行く。

チャペルでの結婚式に参加すればそれっぽく賛美歌を歌うし、葬儀に出席すれば念仏も唱える。

人生の様々なイベントにおいて宗教的なにおいを感じても、学んでみようと考えたことはなかった。しかしながら、信仰が現在の資本主義社会基盤を確立したことや、宗教に定められた身分制度による悲劇を読書によって知った。

世界各地にはたくさんの宗教があるとは理解しているけれども、何が目的なのか何を信じているのかいまいちよく分からない、そんな時に出会ったのが本書である。

 

本書は、仏教、キリスト教ヒンドゥー教イスラム教、ユダヤ教の5つについて解説されている。また付録として神道儒教シク教など”世界的には”マイナーな宗教も取り上げられている。

 

インド発祥である仏教とヒンドゥー教には共通の世界観「輪廻」を持つ。

人間は何度も生まれ変わり、輪廻世界は総体として苦しみの世界である。生前の行いに従って善い転生、悪い転生を迎える。この輪廻世界から抜け出すために人々は修行に身を投じたり、生活規範を正したりする。

 

それに対し、ユダヤ教、そしてそこから派生したキリスト教イスラム教は「人生は1回限り」という世界観を持つ。三様に違いは勿論あるが、現世では聖書、コーランに従った生活を送り死後の世界で一生の善し悪しが判断される。

よく目にする「人生は一度きり!」というフレーズはこちら側の世界観なのだろう。

 

こういった世界観の違いを知ることで、その宗教を信仰する人々の「生きる時間」という感覚が全く異なることが分かる。

 

また、仏教とキリスト教でのゴールの違いも面白い。

仏教は、人間が持つ「怒り、貪り、愚かさ」といった煩悩を消し去った悟り(迷いが消えた)の状態になることを目指す。そして繰り返される輪廻から脱出する。

 

キリスト教では、キリストを信仰することで人間が潜在的に負っている罪(原罪)を浄化することを目指す。そして死後には天国か地獄どちらに行くかの審判を受ける。

 

人間が本来持っている悪い部分を無くしていくという点は共通しているが、キリスト教は聖書に従った善い行いを積み上げていき天国に行くことを目指す。

しかし仏教は、人間が持つ悪い部分そのものを断ち切った状態になり、生まれ変わりを終わらせることを目指す。「迷いのない状態になる」とはかなりハードルが高く、1回の人生では到底辿り着けないだろう。やはり輪廻が前提なのだ。

 

本書はイラストが豊富であり、説明文を読みイラストを見ることで理解を深めることができた。また仏教、キリスト教イスラム教の比較ページは特に参考になった。

エッセンシャル版とあるように内容が少し薄いと感じられる部分もあったが、学びの導入としては適した情報量だろう。本書を読んだことで「もっと知りたい」という意欲や疑問が湧き上がってきた。ぜひ完全版の書籍の方も読んでみたい。

 

解説ウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(橋本努)

解説ウェーバープロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神

橋本 努 著

 

f:id:shimoya_ke:20220405140002j:plain

 

本書はドイツの社会学マックス・ウェーバーの論文「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」(以下プロ倫)を解説したものだが、前提知識として読者に向けたプロテスタンティズムにおける教派の解説も多くなされている。これがとても有難い。

 

カトリックプロテスタントという二大宗派については多くの人がご存知だろうが、プロテスタントと一言に言っても様々な教派がある。

ルター派カルヴァン派、敬虔派、メソジスト派、クエーカー派、ピューリタニズムなどプロ倫では各宗派がもたらした思想や習慣が記載されているが、一般的な現代日本人が解説なしに理解するのは困難ではないだろうか。

本書はプロ倫の原文に対してみっちりとしかし堅苦しくない文章で解説されているため、プロ倫原書に挑戦する前に読むことを勧めたい。本来であれば、原書を読んだ後に解説本を読むのがセオリーなのかもしれないが、先に原書に手を出していたら自分はすぐに挫折していただろう。

 

「どうして私たちは働くのか」誰しも考えたことがあるだろう。

 

それが生活パターンだから?

子孫のために資産を残したいから?

社会的名誉のために資産があることをアピールしたいから?

社会の経済的繁栄のために尽力したいから?

 

思いつく答えはこのいずれかではないだろうか。

この答えを1905年にウェーバーがプロ倫で言及していることに驚かされた。

文明が発達したといえども人が考えることは百年前と同じなのか。

本書ではこの答えを以下のように解説している。

 

働いて資産を貯めることが倫理的にしなければならない生活の一部となってしまったから

→「資本主義の精神」

 

子供や孫の幸せのために資産を残したいから

→「伝統主義的な資本主義の精神」

 

繁栄や勢力への関心から社会的評価を求めているから

→「自分の繁栄や勢力誇示のための資本主義の精神」

 

地域社会の経済的繁栄へ貢献したいから

→「社会的繁栄のための資本主義の精神」

 

これらの精神は単体ではなく、幹と枝のような関係性だと言う。

確かにいずれもそれぞれの精神に繋がっているだろう。

 

 

プロテスタンティズムは社会及び経済の発展、資本主義化に大きな影響をもたらした。

「与えられた仕事に一生懸命努めなければならない」

「生活全般を規律して清く正しい生活を送らなければならない」

キリスト教を信仰していなくとも、資本主義国である日本に住む人々に自然と根付いている。

私たちが生きる世界に疑問が湧いた時、本書を読むことは意義があると思う。

ノーベル文学賞のすべて(都甲幸治)

ノーベル文学賞のすべて

都甲幸治 編著

 

f:id:shimoya_ke:20220403145312j:plain 

「沢山本を読むぞ」と意気込み図書館に行ってみたが、何を読めばいいのか分からない。

一般教養と言われる名作でさえ実は読んだことがない。

そんな時に新入荷コーナーに置いてあったこの本に目が留まった。

 

毎年「今年の受賞者予想」がマスコミで取り上げられるが、これまでその選考、作家、作品に興味を持つことはなかった。

そもそも文学賞とはなんだ?世界一位の作家を決める大会?誰に決定権がある?

色々な疑問が浮かび読んでみることにした。

 

この本におけるノーベル文学賞自体についての説明は想像以上に少なかった。内容の大半を占めるのは作家の半生、代表作の紹介である。

しかしながら、ノーベルの遺言に残された「文学賞はもっとも卓越した理想主義的な作品を書いたものに与える」という文言。この曖昧な基準を満たす作品を探すため、まだ世界が簡単に繋がることができなかった時代に関係者たちが奔走し、時には政府高官たちも動いたという事実には驚かされた。また、日本人初の受賞者、川端康成の受賞までの経緯を知ると賞レースとは華々しくも残酷であることが分かる。

 

興味を持った作家、作品を以下に記録しておく。

 

カズオ・イシグロ 『日の名残り』『わたしを離さないで』

トーマス・マン  『ヴェニスに死す』

アルベール・カミュ『異邦人』『カリギュラ』『最初の人間』

アーネスト・ヘミングウェイ 『老人と海』『日はまた昇る

アリス・マンロー 『ディア・ライフ

J・M・クッツェー 『動物のいのち』

トニ・モリスン  『ビラヴド』『「他者」の起源』

サミュエル・ベケットゴドーを待ちながら

谷崎潤一郎    『春琴抄』『細雪

多和田葉子    『地球にちりばめられて』『星に仄めかされて』

グギ・ワ・ジオンゴ『泣くな、わが子よ』

マリーズ・コンデ 『わたしはティチューバ』

リュドミラ・ウリツカヤ『陽気なお葬式』

ジョン・バンヴィル 『海に帰る日』

マーガレット・アドウッド『侍女の物語』『誓願

ミラン・クンデラ 『存在の耐えられない軽さ』

マリリン・ロビンソン『ハウスキーピング』

残雪       『黄泥街』

ハン・ガン    『菜食主義者

サルマン・ラシュディ『真夜中の子供たち』

 

ノーベル賞受賞作家、惜しくも受賞を逃した作家、今後受賞が期待される作家。

この本で出会うことができた。